アパレルで働きたい!ファッションが大好きだから関わる仕事をしたい!
そんな夢を語る女の子たちは今現在も10代から20代の子達を中心にたくさんいらっしゃいます。
そこで世の中のアパレル求人を見てみると、名の知れたブランドネームを冠したショップの求人が溢れており、ブランドさえ選ばなければ比較的すぐにでもアパレル業界で働くことが可能なのです。

ただ、最近ではブランド店舗で働く求人もあれば、ネットショップ運営をしている企業の求人も増えてきています。
そこで、今回は同じアパレルでもリアル店舗運営、ネットショップ運営のどちらがよいのか。
お互いの特徴などをご紹介していきたいと思います。

実店舗のある業態の特徴

アパレル求人サイト等を見ていてもわかる通り、もっとも求人数が多いのは今も昔もブランドのアパレル求人と言っても過言ではありません。
それだけ店舗数が多く、ニーズが高いのがショップスタッフの最大の特徴と言えるでしょう。

ネットショップと比較した際に決定的に違うのは、同じアパレル系勤務であったとしても、業務の内容に「接客があるかないか」という部分です。
店舗がある業態で勤める際には、少なからず社外の人を相手にした接客を行う場面が多くなるのは仕方ありません。

ただ、もしあなたが接客が苦手なのだとすれば、実店舗での勤務ではなく、ネットショップ運営に携わる方がきっと向いているのではないでしょうか。

また、実店舗で勤務をする際には、企業によって対応が異なりますが、中には違う店舗へのヘルプなどに回される機会もあるでしょうし、逆にヘルプに来てもらうこともあるかもしれません。
夏冬のセールや年末年始のセールなど、体力を要する機会もありますので、多少なりとも精神的なタフさも求められます。

実店舗での勤務に向いている人

基本的には自分の性格を考えてみたときに、人付き合いが得意かどうか、あるいはコミュニケーション能力に長けているかどうかを見てみるのがいいのかもしれません。

また、人と話すことが苦ではない、あるいは話すのが好きだという人には実店舗でのお仕事の方が向いているかもしれませんね。
知らない人に対して率先してお声掛けをしていく必要のあるお仕事であり、話す際にはアイテムの魅力やコーデなどを提案していく能力も同時に必要になりますので、注意が必要です。

あまり話すのが得意ではないという人や、人から注目を集めるのはあまり得意ではないなど、ちょっと内向的な人には向いていない部分がありますので、そういった方にはネット店舗運営の方が向いているかもしれませんね。