最後にご紹介するのはいわゆる「ショップ店員」のお仕事。
10代から20代の女の子達にとってとても人気のある職種ではあるものの、未経験の子からは「もしかしたら難しいのかな?」と思われてしまう側面もあるようです。

では、お店の店員さんとして働く場合、一体どのような仕事内容になるのか、その中身について触れてみたいと思います。

店舗がある販売スタッフのお仕事とは

勤務地となるのは、高級ブティックやファッション専門店、大手アパレル店舗など、大小問わずお洋服を取り扱う店舗の中での勤務となります。

業務内容の中心となるのは店舗内での対面販売、接客業務となりますが、並べられている商品のディスプレイを綺麗に整え、いかに魅力的な魅せるのか、ということも考えていかなければなりません。
お客様が広げた後の商品を、丁寧に揃えて戻すのも大切なお仕事ですし、商品の検品やタグ付けなどの細かな業務も付随してきます。

また、接客に関しては、店内に並べられている商品をただ販売するのではなく、相手の好みに応じてアイテムを提案したり、ファッションに関するアドバイスを求められることも多々あります。
商品に関する知識、特性を把握しておくことはもちろんのこと、流行に対してアンテナを張り巡らせること、お店の方針に沿った着こなしを行うセンスなども重要となってきます。

求められるスキル

最も多いアパレル求人はショップ店員としての販売スタッフですが、アルバイト、正社員、契約社員と、色々な形での雇用形態があります。
最近では、派遣スタッフの求人も増加しているようですね。
いずれの雇用形態にしても、基本的には未経験可の求人が多いお仕事になっていますので、必要なスキルはと問われると、特にはないかもしれません。
もちろん、資格などは不要です。

そういった意味では、敷居が低く、やってみやすい職種と言えるかもしれませんね。
ただ、来店されたお客様の好みやニーズを引き出すためのコミュニケーション能力は必要となってきますので、話すのが苦手で…という方は、もしかしたら苦労するかもしれません。

ただ、就業後に接客対応に関するスキルや販売知識に関しての研修を行うケースも多いので、最初は自信がなくても徐々にスキルは磨かれていくでしょう。

キャリアについて

未経験の場合、最初は店員からのスタートとなりますが、経験を積むことで店舗マネージャーや店長などに昇進することも可能です。
その場合、いわゆる接客や商品管理といった作業の他に、スタッフのマネジメント、売上げ管理といった店舗運営の業務が増えてきます。