アパレル勤務を夢見るみなさんに、今回はネットショップ勤務の場合の仕事内容について、色々な角度から情報を公開していきたいと思います。
ぜひ、転職活動等の参考にしていただければと思います。

ネットショップのお仕事って実店舗とどう違うの?

店舗運営という面からみれば、基本的な運営方法は大きく変わらないと言えるでしょう。
商品を仕入れ、アイテムを販売するという基礎的な部分はほとんど変わりません。
販売方法が対面となるか、あるいはインターネット上やメールでのやり取りになるか、その程度と言えるでしょう。

しかし、対面での接客と比べると、実はネット上での文章を利用したやり取りの方が、非常に繊細で丁寧な対応を求められることが多いもの。
文字でのやり取りになってしまうので、対面接客以上に、細やかな気配りが求められてしまうのです。

具体的な仕事内容について

基本的には、いわゆる店頭接客となるフロント業務と、仕入れから発送までの業務を受け持つバックオフィスでの作業、この2つに大きく分類することができます。

フロント業務では、まず何よりも重要な仕事となるのがウェブデザインに関する作業でしょう。
これにはシステム設計に関する知識や経験などが必要となってきます。
また、商品の撮影や説明文の作成、在庫状況の更新作業な

ど、細やかで且つスピーディな業務遂行速度が必要になってくるでしょう。

バックオフィス業務としては、受注確認のメール送受信、入金の確認、梱包作業、発送作業、発送メールの送信、フォローメールの送信など、お客様対応を中心とした細やかな業務が多い印象です。

ECサイト運営でアパレルに携わるには何かスキルなどは必要?

担当する部署がウェブデザインやシステム設計などになるのであれば、それらに対する知識や経験を持っていることがマストとなってきます。

しかし、それ以外の業務内容に応募するのであれば、基本的に必要なスキルはあまりありません。
オシャレが好きで、頑張れるのであれば、それ以外にあまり必要なものはないようです。

基本的に必要なスキルは続けていく中で培っていくことができますので、未経験であっても臆する事なく応募しても問題ないのではないでしょうか。
商品撮影の方法や、説明文の作成方法など、未経験であれば不安な部分も大いにあると思います。

しかし、大抵の場合は優しい先輩の方々に色々と教わることができますので、安心して一から学ぶことができるのではないでしょうか。